ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01

ベンツ故障・修理事例一覧

Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  

メルセデスベンツ Cクラス W203 車検点検整備でご入庫頂きました。点検を行うとフロントロアアームブッシュに亀裂が入り、内部グリスが出てきてしまっているのを発見しました。アームを外してみるとグリスの油分が液体状になりポタポタと出てくる程です。ここはブッシュのみ部品設定が有りますので打ち替え作業を行い修理は完了です。

メルセデスベンツ Cクラス W204 車検点検整備でご入庫頂きました。エンジンとミッションの繋ぎ目からかなりの量のオイル漏れが有り、停車しておくと地面にオイルが垂れる程です。これでは車検に通りませんので、クランクシール交換の作業となりました。

メルセデスベンツ W203 Cクラス 足廻り異音でご入庫です。走行中にギシギシと異音が有り、ハンドルフィーリングも違和感が有るとの事で診断を行います。実際に走行テストを行うと確かに依頼内容の症状が分かりました。そして予測を立てて各所を点検して行きますと、ショックアブソーバーのアッパーマウントに大きな亀裂、そしてロアアームのブッシュにも亀裂が入っているのを発見。これで症状へのつじつまが合いましたので交換作業を行い、走行テストを実施すると、すっかり症状は消え快適な乗り心地が戻りました。

メルセデスベンツ Cクラス W203 車検整備でご入庫です。足廻りからの異音が気になるとのご依頼も有り早速診断を行います。異音はフロントショックアブソーバーのアッパーマウントゴムが経年によりヘタっていたのが原因でした。ショックアブソーバーを脱着、分解を行いマウントゴムを交換します。その他にもスタビライザーリンクのブーツがパックリと裂けており、内部のグリスがほとんど残っていない状態でした。このままでは車検は通りません。また、ほおっておきますとボールジョイント部にゴミが噛み込みガタが出てきてしまいます。こうなるとまた異音の原因になりますので、この機会の交換をお勧めしました。

メルセデスベンツ W220 Sクラス 定期点検でご入庫です。随分と前から段差でハンドルを取られる症状は有ったが、最近は異音も出てきたので修理をしたいとのご依頼です。点検をしていくとフロントアームのブッシュが見事に切れていました。ブッシュ交換後はメルセデスらしいしなやかな乗り心地へと戻りました。

メルセデスベンツ Cクラス W203 車検でご入庫頂きました。エンジンのオイル漏れとオートマミッションのオイル漏れ量が多く、車検に通らない状況でしたので修理を行いました。オートマミッションに関しては油量が随分と減ってしまっている状態でしたので、もう少し修理が遅れていたら走行に支障が出ていたかもしれません。

メルセデスベンツ W209 Cクラスです。定期点検でご入庫された車両になります。点検を進めて行きますとエンジンタペットカバーにオイル漏れとフロント足廻りブッシュに亀裂が見られました。どちらも現状ではそんなに酷くは有りませんが、もう次期急速に症状が悪化すると思われましたので、オーナー様にお伝えし交換作業となりました。早めの整備が全体的な良いコンディションを保つコツです。

メルセデスベンツ W204 Cクラス 点検整備でご入庫です。車両のコンディションは大変良く、消耗品をお取り換えする程度で整備は完了しました。ご依頼で飛び石によるフロントガラスのヒビ割れを修理したいとの事でフロントガラスの交換も同時に行いました。石がヒットした傷は小さいですがヒビの伸び方を見るとよほど鋭利な部分が当たったか、スピーディだったかと言えます。また運転席の真ん前ですので気になって仕方が有りません。そんな思いでオーナー様はガラス交換を決断されたようです。

    • Cクラス W202 車検整備
    • Cクラス W202 車検整備
    C230、エンジン不調の修理です。 アイドリング時、加速時すべてにおいて調子が悪い状態、DASにてテスター診断です。まずエアマスセンサーの数値が異常におかしい?エンジンシステムの点検もし、各センサーからの信号がめちゃくちゃです。こうなるとたいていはメインハーネスのショートにより、コントロールユニットも故障している可能性大です。ショートしているハーネスを交換し、再度テスター診断です。エアマスセンサーの数値は異常ですが他は安定しています、センサーを交換して初期学習させ作業完了。
    走行中に突然エンジンストール!キャリアーによる搬入です。早速DASによるテスター診断です。まず、MEのコントロールユニットに通信できません。実測値で各部の電圧状態及び回路、リレー全てをチェックしてたどり着いたのがメインコントロールユニット!テスターでは判断できませんので基盤のチェックをしたところ、焼けていました。これで原因は確定です。しかし何故焼けたのかが分かりませんので、新品に交換してからの診断となります。交換するのがまた怖いんですよね。
Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ