ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ

メルセデスベンツ W216 CLクラス 定期点検でご入庫頂きました。車輌をリフトアップし点検を行うとクロスメンバーにエンジンオイルの染み込んだ跡が有りました。更に漏れ箇所を探っていきますとエンジンとミッションの繋ぎ目から、かなりの量の漏れが発生していました。ここまでになるとオイルを捨てて走っている状況と思われました。オーナー様にご説明し修理を行いました。


メルセデスベンツ W219 定期点検でご入庫です。大変良く整備がされている車輌です。下廻りも綺麗ですし、足廻りも整備され、ブレーキの残量も申し分有りません。ただ一点だけエンジンオイルの注入口であるフィラーキャップのシールが限界を迎えオイル漏れを起こしていましたのでオイル交換時に新品と付け替え整備は終了となりました。


メルセデスベンツ W221 Sクラス 定期点検で初めてのご入庫です。点検を行いますと、今まで行っていた工場のレベルが分かりました。一体どこを点検し整備していたのか首を傾げたくなります。オイルの注入口、フィラーキャップは割れてオイル漏れを起こしていたり、足廻りのブッシュは切れてしまっています。タイヤはツルツル。前回の車検時もこんな状態だったのではないかと推測が出来るのですが、これでは安全な走行は保証出来ません。しっかりとノウハウある工場での整備をお勧めします。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検でご入庫頂きました。点検を進めて行きますと、エンジンのカムシャフトセンサーからオイル漏れが発生していました。ベンツでは定番箇所になりますね。この箇所は漏れ始めると意外に早く進行し派手に広がります。センサーを外してOリングを交換するだけの作業ですので、費用はさほど掛りません。見付けたらすぐに対処する事をお勧め致します。


メルセデスベンツ Eクラス W211 修理でご入庫です。エンジンの振動が大きく感じ、車内にも響いてくるように感じる点と何だか焦げ臭いとの事で点検を進めて行きますと、臭いの原因は激しいオイル漏れから来るものでした。また、振動はエンジンマウントの抜けによるものでした。内部グリスがほとんど漏れ抜けてしまい、役割を全くしていない状況でした。マウント交換、オイル漏れ修理後は走りが見違えるようにメルセデスらしさを取り戻しました。

Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ