ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ

メルセデスベンツ Cクラス W203 車検点検整備でご入庫頂きました。点検を行うとフロントロアアームブッシュに亀裂が入り、内部グリスが出てきてしまっているのを発見しました。アームを外してみるとグリスの油分が液体状になりポタポタと出てくる程です。ここはブッシュのみ部品設定が有りますので打ち替え作業を行い修理は完了です。


メルセデスベンツ Cクラス W203 車検整備でご入庫です。足廻りからの異音が気になるとのご依頼も有り早速診断を行います。異音はフロントショックアブソーバーのアッパーマウントゴムが経年によりヘタっていたのが原因でした。ショックアブソーバーを脱着、分解を行いマウントゴムを交換します。その他にもスタビライザーリンクのブーツがパックリと裂けており、内部のグリスがほとんど残っていない状態でした。このままでは車検は通りません。また、ほおっておきますとボールジョイント部にゴミが噛み込みガタが出てきてしまいます。こうなるとまた異音の原因になりますので、この機会の交換をお勧めしました。


メルセデスベンツ CLクラス W215 車検点検整備でご入庫頂きました。エンジンや足廻りに目立って整備が必要な箇所は見当たらずとても良いコンディションです。オートマミッションにオイル漏れが有り、この1点だけは修理を行い車検の検査に臨みました。もちろん合格をし、車検は取得しました。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検点検整備でご入庫です。数年前に足廻りのブッシュ交換を行ったそうですが、最近になってまた違和感を感じるとの依頼です。点検を進めますと数年前に行った部位とは別の箇所のブッシュに亀裂が入っていました。エンジンからのオイル漏れも有り同時進行で修理を行いコンディションを取り戻しました。


メルセデスベンツ CLクラス W215 車検点検整備でご入庫です。点検を進めて行きますとオートマミッション(AT)のオイルパンからオイル漏れが発生していました。エンジンには冷却水漏れが有りましたが、こちらはタンクキャップの不良でしたので付け替えのみで行けそうです。不良箇所はこの2点だけでした。整備後、車検検査となりました。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検でご入庫頂きました。前回の1年点検時に足廻りを中心にしっかりと整備を行い、迎えた今回の車検です。点検を行うとエンジンにオイル漏れが発生しているのが分かりました。カムシャフトセンサーからのオイル漏れです。実はこれ、放っておくと大変な事態に陥ります。センサー配線をオイルが伝い、最終的にはエンジンのコントロールユニットを壊してしまいます。メーカーでは延長コードを対策品として用意し、危険を回避するようになっていますので、今回はこの対策を行います。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検でご入庫頂きました。点検を進めて行きますと、エンジンのカムシャフトセンサーからオイル漏れが発生していました。ベンツでは定番箇所になりますね。この箇所は漏れ始めると意外に早く進行し派手に広がります。センサーを外してOリングを交換するだけの作業ですので、費用はさほど掛りません。見付けたらすぐに対処する事をお勧め致します。


メルセデスベンツ W212 Eクラス 車検点検でご入庫頂きました。車輌の状態はまだ新しさも有りとてもいいコンディションです。消耗品の交換程度で済みそうと思っていましたら・・・・・・。テールランプのLEDに不灯が有るのを発見。これでは車検に受かりませんのでテールランプ交換をする必要が出てしまいました。LEDタイプはメリットの方が多いのですが、ときおりこの様なデメリットが有ります。

Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ