ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ

メルセデスベンツ Eクラス W124 故障修理でご入庫です。高速道路走行中に車輌中央下部から、もの凄い音がなり走行不能になったとレッカーにて運ばれて来ました。早速リフトアップしてみると、オートマミッションからプロペラシャフトが外れて見るも無残な状態になっていました。外れたシャフトが暴れ、被害は相当なものとなっていました。事故にならずに済んだのが不幸中の幸いです。普段の点検整備や工場の質がいかに大事かがお分かり頂けると思います。


メルセデスベンツ W221 Sクラス 定期点検整備でご入庫です。点検を進めて行きますとミッションマウントのヘタリを発見致しました。エンジンマウントと共に重い装置を支え、なおかつ振動や慣性を受け止める重要な部品です。新品と比べると一目瞭然。こんなにも変形してしまうほど大役を担っています。


早速DASテスターにて診断です!故障メモリーは、PPWソレノイドバルブ不良。では実測値での点検です。点検を進めて行くと、A/T本体に入る配線の部分があるのですが、そこの配線の一本が断線している?早速リフトアップして点検です。真ん中画像、右上の穴が配線の通る部分で、外から入り中のバルブボディ側とつながるのですが、バルブボディ側のカプラー部が回ってしまい基盤がねじれて断裂していました!どうやら以前オイル漏れで別工場に修理依頼した際に、液体パッキンで修理されていた模様…?ちぎれた銅版を修理し、バルブボディを組み直し、完了です。
Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ