ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ

メルセデスベンツ Eクラス W211 車検点検整備でご入庫です。点検を進めて行きますとエンジンからのオイル漏れが激しくまた、冷却水の漏れも併発している状況でした。ときおり始動時にエンジンから煙が出ている事もあったようです。これでは車検が通りませんので修理が必要です。漏れ箇所は複数箇所有り、どこも限界のレベルです。この機会に全て直して、快適に乗って頂くため全ての漏れを修理しました。


メルセデスベンツ Eクラス W211 定期点検でご入庫です。点検を進めて行きますとフロント足廻りのロアアームブッシュに亀裂が発生していました。こちらはアームを脱着しブッシュのみ打ち替えが可能でしたので、費用を抑える面でもアッセンブリ交換では無くブッシュ交換をお勧めして作業となりました。交換後はやはり、しっかり感が出てメルセデスらしい乗り味を取り戻しています。


メルセデスベンツ Eクラス W124 故障修理でご入庫です。高速道路走行中に車輌中央下部から、もの凄い音がなり走行不能になったとレッカーにて運ばれて来ました。早速リフトアップしてみると、オートマミッションからプロペラシャフトが外れて見るも無残な状態になっていました。外れたシャフトが暴れ、被害は相当なものとなっていました。事故にならずに済んだのが不幸中の幸いです。普段の点検整備や工場の質がいかに大事かがお分かり頂けると思います。


メルセデスベンツ Eクラス W211 エンジンの異音でご入庫頂きました。異音はウォーターポンプが原因でした。ガラガラと大きな音を立ててエンジンは回転していました。ウォーターポンプは回転が渋く、もう少しでロック状態といった感じです。ファンベルトへの負担が大きく、非常に損傷をしており、もう少しでベルトが切れて車両が不動状態になってしまうところでした。間一髪で修理が出来ました!


メルセデスベンツ W211 Eクラス 定期点検整備でご入庫頂きました。点検を進めて行きますとエンジン下のアンダーカバーがオイル漏れでベトベトになっていました。エンジンとミッションの繋ぎ目が一番激しい箇所でした。これはクランクシールからのオイル漏れです。ミッションを脱着しシールの打ち替え作業となりました。


メルセデスベンツ W245 Bクラス エンジン不調修理です。エンジンに不調が発生して心配なので定期点検もご依頼を頂きました。エンジンがブルブルと震えたようになったり、アクセルを踏んだ分の出力を感じないといった症状です。診断を致しますとプラグコードの故障が原因でした。正常に高電圧を掛けられない為にスパークプラグが機能を半減させている状況でした。しっかりとスパーク出来ていない為にプラグの汚れも溜まる一方です。悪化方向まっしぐらといったところでしょうか。プラグコードとスパークプラグ交換後は無事にエンジンは復帰しまして、オーナー様のもとへ帰っていきました。


メルセデスベンツ W219 CLS 点検整備でご入庫頂きました。点検をするとエンジンは多少のオイル漏れが有りましたが、エンジン全体的なコンディションはいいお車です。足周りに一点、不具合が有りました。車両を動かすとギシギシと異音が有り、診て見るとロアアームのブッシュに大きな亀裂が入っていました。交換作業を行い、バッチリ解消です!

Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ