ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ


メルセデスベンツ Vクラス ビアノ 定期点検でご入庫です。エンジンタペットカバーからのオイル漏れが激しく発生していましたので、この機会に修理する事になりました。外したタペットカバーのガスケットはカチカチに硬くなっている状態でした。これではシール性の確保は出来ません。また履歴を追っていくと空調用のフィルターを交換した記録がないのでチェックしてみると、こちらもビックリな状態でした。交換後は風の勢いも上がり、臭いも良くなりました。


メルセデスベンツ Vクラス エンジンオイル漏れ修理です。エンジンには欠かせないカムシャフトは昨今では沢山のモニタリングや制御が入る事でエンジン出力を大幅にアップさせる役割を担っています。今回はそのカムシャフトに有りますセンサー部分からのオイル漏れを修理致しました。また、センサーと逆側にはサービスホールのキャップが有りますが、同様にオイル漏れが有りましたので、こちらも交換しまして一件落着となりました。


V230、エアサスの警告灯点灯とスイッチで解除できない故障です。まずはDASにてテスター診断、案の定エアサスタイムエラー入力有りこれは必要以上にポンプが作動して、コントロールユニットが強制的に電源をカットしている状態です。故障メモリをリセットしてポンプを作動させます。耳をすますと、シューと音が聞こえます、間違いなくエアー漏れを起こしています。今回はソレノイドバルブを交換して完治しましたが、Vクラスは他からも漏るケースが多々有り一式スプリング方式に交換するのをお勧めします。

まずは、現車にて症状の確認、風量のダイアルは1~4まで有り、どこにしても反応無し!この時点で、疑いはレジスターからブロアモーターへ、早速、単体点検と配線の確認をしてモーター不良を断定、部品を交換して正常な作動を確認して作業完了。

こちらは、お客様が室内でルームミラーに接触した際に起こった症状です。通常W638の場合はボンドでフロントガラスに取り付けられておりますが、今回は外れた際に、ガラスごと取れてしまった最悪のパターンです。こうなると新品のガラス交換が必要になります。

まずは下回りの洗浄を行いエンジンを始動させながら、漏れてくる箇所を探します。今回はオイルパンが熱で変形して、漏れてきていましたのでAssy交換で作業完了です。

まずはテスター診断から開始です、故障メモリーは入っていませんでした。各システムを点検するも異常が見あたらず、疑いはエンジン本体に、異音もエンジンからしていますのでますます怪しい?色々分解した結果、タイミングチェーンのスライダーが破損しており異音とタイミングのずれを引き起こしていました。交換後は静かで調子の良いエンジンに戻りました。

走行中及びブレーキング時に異音発生!ゴリゴリ・・・ギィ・・・メカニックであれば、すぐに分かると思いますがブレーキパットが全く無い状態です。実際に現車を点検すと見事にパットの部分が無く鉄の部分でローターを削っております。これは非常に危険な状態、命にかかわる事になります。少しでも異音・異常を感じたら点検ですよ!

下にオイルの池が出来ると修理依頼です。まずは下回りの洗浄から始めます。疑わしい個所がキレイになったらリフトにあげてにらめっこです。今回原因は3カ所!1オイルパン2オイルプレッシャースイッチ3オイルエレメントハウジングいっぺんに漏れたのか、1ヵ所ずつか・・・だましだましで乗ると、最終金額は高額になりますよ!
Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ