ベンツ修理.com


  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
  • ベンツ 修理スライド01
ベンツ故障修理はベンツ修理.comへ

メルセデスベンツ Eクラス W211 車検点検整備でご入庫です。点検を進めて行きますとエンジンからのオイル漏れが激しくまた、冷却水の漏れも併発している状況でした。ときおり始動時にエンジンから煙が出ている事もあったようです。これでは車検が通りませんので修理が必要です。漏れ箇所は複数箇所有り、どこも限界のレベルです。この機会に全て直して、快適に乗って頂くため全ての漏れを修理しました。



メルセデスベンツ Eクラス W211 定期点検整備でご入庫です。オーナー様からの依頼でオイル漏れ修理を行いました。かなりの量がご自宅の駐車場に垂れるので困るとの事でした。ATミッションを脱着してエンジンリヤクランクシール交換です。クランクシールを取り付けるプレートもオイル漏れが良く発生しますので、同時作業でシーリングを行います。これで問題は解決です。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検点検整備でご入庫です。数年前に足廻りのブッシュ交換を行ったそうですが、最近になってまた違和感を感じるとの依頼です。点検を進めますと数年前に行った部位とは別の箇所のブッシュに亀裂が入っていました。エンジンからのオイル漏れも有り同時進行で修理を行いコンディションを取り戻しました。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検でご入庫頂きました。前回の1年点検時に足廻りを中心にしっかりと整備を行い、迎えた今回の車検です。点検を行うとエンジンにオイル漏れが発生しているのが分かりました。カムシャフトセンサーからのオイル漏れです。実はこれ、放っておくと大変な事態に陥ります。センサー配線をオイルが伝い、最終的にはエンジンのコントロールユニットを壊してしまいます。メーカーでは延長コードを対策品として用意し、危険を回避するようになっていますので、今回はこの対策を行います。


メルセデスベンツ Eクラス W211 車検でご入庫頂きました。点検を進めて行きますと、エンジンのカムシャフトセンサーからオイル漏れが発生していました。ベンツでは定番箇所になりますね。この箇所は漏れ始めると意外に早く進行し派手に広がります。センサーを外してOリングを交換するだけの作業ですので、費用はさほど掛りません。見付けたらすぐに対処する事をお勧め致します。


メルセデスベンツ Eクラス W211 修理でご入庫です。エンジンの振動が大きく感じ、車内にも響いてくるように感じる点と何だか焦げ臭いとの事で点検を進めて行きますと、臭いの原因は激しいオイル漏れから来るものでした。また、振動はエンジンマウントの抜けによるものでした。内部グリスがほとんど漏れ抜けてしまい、役割を全くしていない状況でした。マウント交換、オイル漏れ修理後は走りが見違えるようにメルセデスらしさを取り戻しました。


メルセデスベンツ W211 Eクラス 定期点検でご入庫頂きました。エンジンカムセンサー付近に僅かなオイル漏れが有りましたので、オーナー様にお伝えしたところ修理のご依頼を頂きました。また、フロント足廻りのロアアームブッシュに亀裂が入り、段差で異音が出るとの事でしたのでこちらも同時に交換作業となりました。


メルセデスベンツ Eクラス W211 エンジンの異音でご入庫頂きました。異音はウォーターポンプが原因でした。ガラガラと大きな音を立ててエンジンは回転していました。ウォーターポンプは回転が渋く、もう少しでロック状態といった感じです。ファンベルトへの負担が大きく、非常に損傷をしており、もう少しでベルトが切れて車両が不動状態になってしまうところでした。間一髪で修理が出来ました!


メルセデスベンツ W211 Eクラス 定期点検整備でご入庫頂きました。点検を進めて行きますとエンジン下のアンダーカバーがオイル漏れでベトベトになっていました。エンジンとミッションの繋ぎ目が一番激しい箇所でした。これはクランクシールからのオイル漏れです。ミッションを脱着しシールの打ち替え作業となりました。

Cクラス SLKクラス Eクラス CLS Sクラス
SLクラス Vクラス Mクラス Gクラス  
  • ベンツ修理.comお問い合わせ
  • ベンツ修理テスター
  • メルセデスベンツ買い替えの方はこちら
  • ベンツ修理クラス別修理事例
  • キャリアカー・レッカー


ページトップへ